スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

住民説明・勉強会in旭区

大阪府は住民になんの説明もなく放射能に汚染された災害瓦礫を受け入れようとしています。

早ければ今年の4月です。

これまで2度ほど府への申し入れについていきました。
12月22日の面談では資源循環課の課長に府民への説明を拒否されました。

中断になった第5回の検討会議も傍聴してきました。
子どもの被曝についての報告が始まったときは悲しくて悔しくて聞いていられませんでした。

こんなことがこっそり行われていたのです。

放射能は子どもたちだけでなく年齢に関係なく影響すると
琉球大学の矢ヶ崎教授も講演会でおっしゃっておられました。

大阪で災害瓦礫が焼却されたらどうなるの?
放射性物質ってどんなもの?
内部被曝とは?外部被曝とは?
何を食べたらいいの?

など身近な疑問をもとに放射性物質の危険性について理解を深めていきましょう。

とき:2012年1月31日(火)13:30~15:30
ところ:旭区民センター 和室 (最寄り駅 千林大宮駅 徒歩10分)
http://www.osakacommunity.jp/asahi/b1_hall%5B1%5D.html
参加費:300円  ※事前申し込み不要・途中退室OK・お子様連れOK 
お問い合わせ:放射能から子どもを守るママの会・大阪市
          kodomoosakamama★yahoo.co.jp (★を@に変えて送信してください)


お近くのみなさま、お誘い合わせの上ぜひお越しください。

コメントの投稿

Secret

リンク

↑こちらのプロジェクトにも是非 ご協力ください!!
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。