スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブログ移転のお知らせ

ご訪問いただきありがとうございます。
ブログを移転します。

移転先はこちら→ 放射能から子どもを守るママの会・大阪市

どうぞよろしくお願いします。
スポンサーサイト

「震災がれきの広域処理を考える学習会」のご報告

「震災がれきの広域処理を考える学習会」のご報告です。
9月20日~10月16日までの6日間行った学習会には
延べ人数約200名弱の方にお越しいただきました。

目前に迫った試験焼却を前に、広域処理の
問題点についてご理解いただけたことを嬉しく思います。
しかしその反面まだまだ伝え続けなければいけないことを実感しています。

広域処理は、原発を動かしている限り必ず発生する核のゴミの行き場を
つくる糸口になるなど、原発事業と大きく関わっております。
トイレのないマンションにトイレをつくってしまうようなものとも言われています。

また「絆」という耳ざわりのいいことばで被曝から目をそらさせ、
汚染状態のひどい土地に人を縛り付けてしまいます。

子ども達や未来を守るためには、新聞やテレビでは伝えられないことを
自ら学び、ひろげ、繋がっていかなければなりません。

今回この学習会に参加され学んだことを、ひとりでも多くの人に伝えていただくことが
わたし達のもうひとつの目的でもあります。
これからも、ともに学び伝えていきましょう。

以下会計報告です。

<収入の部>
資料代(参加費)---45,800
カンパ---30,443
合計---76,243円

<支出の部>
印刷代---19,897
会場費、備品---36,800
郵便代---1,200
交通費---15,000
合計---72,897円

収入金額合計---76,243
支出金額合計---72,897
差し引き金額(繰越金)---3,346円

カンパなどご支援いただき心より感謝しています。
放射能から子どもを守るママの会・大阪市 はやし

説明会に行ってきました ①

8月30日に開催された橋下市長の説明会に行ってきました。

説明会は19時からでしたが、朝の9時30分に有志数名で集合して、10時から抗議行動。
空からは太陽の熱がジリジリ、熱せられた地面からもジリジリ。

被災地の方々は現在無用な被曝を強要されています。
大阪にがれきを持って来ても、被災地の人々の被曝は軽減されるどころか、
むしろ安全であると騙されて被曝を強要され続けることになります。

大阪でがれきが燃やされたら、放射性物質やアスベストが空気中に放出され、
私たちはそれらの物質を肺に取り込むことになります。
一度肺に取り込んでしまったら体外にほぼ排出できません。

舞洲工場のある此花区は、もともと喘息の多い土地であります。
がれきの受入れについて区民はとても不安に思っています。
8月30日現在で5,074筆。人口66,291人(8/1現在)の約1割にあたります。
健康被害が起きても補償はありません。
今回の事故はチェルノブイリを越えています。

しかし、橋下市長はそんな区民の声を無視し続けています。

引き続き、署名を集めたいと思っています。
お手伝い大募集!!→konohanashomei★yahoo.co.jp(★を@に変えて送信ください)
ツイッターアカウント →@konohanashomei
どうぞよろしくお願いします。

リンク

↑こちらのプロジェクトにも是非 ご協力ください!!
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。